お礼の品紹介

【数量限定・予約受付】糸屋さんちの「中山なし」小玉3kg

お礼の品番号:0030P3409
【数量限定・予約受付】糸屋さんちの「中山なし」小玉3kg
  • 【数量限定・予約受付】糸屋さんちの「中山なし」小玉3kg
  • 【数量限定・予約受付】糸屋さんちの「中山なし」小玉3kg
  • 【数量限定・予約受付】糸屋さんちの「中山なし」小玉3kg

北限の梨である「中山なし」は、果汁がしたたるようなみずみずしさと口いっぱいに広がる甘さが特徴です。糸屋果樹園では、さらに梨の甘みを増すひと工夫として、肥料の中に米ぬか・菜種かす・カニの甲羅や魚の骨の粉末などの有機肥料を配合させています。

※採れる品種は季節ごとに変わり、選ぶことはできません。

【注意事項】
・その年の気候により配送時期が遅れたり早まったりする場合がございます。自然の中で栽培しておりますのでご理解をお願いいたします。
・天候によっては冷蔵発送致します。
・配送時の揺れや傾きにより若干の傷が生じる場合がございます。何卒、その旨ご理解とご了承下さいました上でお申込頂きますよう、お願いいたします。
・天候状況等により色にばらつきがあることがございます。色や個人の食感、味覚について対応はできませんのでご了承ください。
・お礼の品をお受取いただきましたら、すぐにお礼の品の状態をご確認お願い致します。
・寄附者様の都合によりお礼の品を受け取れなかった場合、または受け取りまでに期間がかかった場合は、生鮮品につき「返品・再配送」は致しかねます。
・お礼の品の発送には万全を期しておりますが、輸送中の揺れや扱いなどによりひどい傷み等があった場合は、到着後2日以内に写真・画像を添付の上、お早めにご連絡ください。なお、お時間が過ぎてからの対応は致しかねます。

セット内容 小玉3kg前後
※品種は季節により変わります。
消費期限 発送から5日程度
※なるべく早くお召し上がりください
発送方法 常温
受付期間 2022年07月25日~2022年10月16日
お届け可能期間 9月中旬~11月上旬まで配送
【配送指定】不可(順次発送)
提供元 糸屋果樹園
寄附額 6,000円
必要ポイント 30pt
お礼の品番号 0030P3409

こだわりのポイントを紹介






  

北限の梨である「中山なし」は、果汁がしたたるようなみずみずしさと口いっぱいに広がる甘さが特徴です。

糸屋果樹園では、さらに梨の甘みを増すひと工夫として、肥料の中に米ぬか・菜種かす・カニの甲羅や魚の骨の粉末などの有機肥料を配合させています。



和梨の人気品種である「豊水」「幸水」「あきづき」や大館オリジナルの「秋泉」をはじめ、高級品種「かおり」「秀玉」、洋梨も「マリケットマリーラ」「ラ・フランス」など多品種を栽培。



9月~11月まで長い期間、旬の梨を味わうことができます。






わたしたちがご案内します






 

100年以上の歴史を持つ糸屋果樹園。200ヘクタールの土地に約2000本の果樹が植わっています。



4代目であるご主人は「梨の木の根っこから生まれてきた」と言われて育ったといい、品種ごとに微妙に違う色つやの梨を「顔つきが全然違うべ~」と瞬時に見分ける達人です。

笑顔の素敵な優しい奥さんと二人三脚で、冬の剪定、春の摘果、夏の草刈り、秋の収穫と、年間を通じてかいがいしく梨の木の世話をしています。






こんなところで作っています






 

中山の麓に10軒ほどの果樹園があり、この地区で作られる「中山なし」は寒暖差のある厳しい気候で育つため糖度が高いのが特徴です。



果樹園の前を通る国道103号は「なし街道」と呼ばれ、毎年秋になると道路沿いに産直が開き、採れたての梨やリンゴを求める人でにぎわいます。



自然豊かな地域なので、熊や狸、キジ、アライグマなど、果樹を狙って山から下りてくる野生の動物が絶えず、山側に電磁柵を設置するなど対策をしながら日々天敵との戦いです。






私たちが歩んできた道




 

ご主人の曽祖父が果樹園を始め、「中山なし」のブランドを広めたのは祖父でした園内には樹齢100年を超える梨の木もあり、太い幹から伸びる堂々とした枝ぶりが年月を感じさせます。。



第二次世界大戦後の食糧難の時代には、空腹を抱える地元の人たちに梨を提供したこともあったといいます。



日々の果樹園の管理のかたわら、秋田県の果樹試験場で栽培管理の勉強をかさね、新しい品種の開発にも積極的に取り組んでいます。






私たちの想い






 

梨は、枝にぶつけたりして傷ができるとすぐ痛んでしまうデリケートな果物なので、優しく丁寧に収穫します。



もぎたての新鮮なものを味わっていただけるよう、毎朝収穫しています。みずみずしい梨に育てるため、雑草に水分を取られてしまわないよう夏は早朝からの草刈りを欠かしません。



北限の厳しい環境の中で育った甘くてみずみずしい「中山なし」を、ぜひ味わってみてください。