FROM ODATE

比内地鶏の治部煮

ふるさと納税のセットに濃縮スープが付いていたので、少しとろみの付いたスープと比内地鶏ならではの弾力ある噛みごたえを生かせると思い、季節の野菜と石川の郷土料理の治部煮にしました。

分量:2人分
調理時間:20分

材料
・比内地鶏もも肉…1/2枚
・(A)比内地鶏濃縮スープ…150cc
・(A)水…300cc
・椎茸…2個
・人参飾り切り…2個
・菜花…少々
・こごみ…1−2本
・片栗粉…大さじ1
・(A)酒…大さじ2
・車麩や板麩など…1個
作り方
(1)もも肉を5mm程度の薄切りにし、片栗粉を薄く全体い蔓延なくまぶす。Aを合わせておく。スープの濃さはお好みで水を調整してください。

(2)椎茸、人参は飾り切りし、軽く下茹でしておく。菜花、こごみも下茹でし、冷水に取り色止めをしておく。車麩は1/4に切り、ぬるま湯で戻しておく。

(3)Aを一度沸騰させ火を弱め、(1)を一枚ずつ加えていく。椎茸、人参、麩を加え、弱火で5分ほど煮込み、こごみ、菜花を加えて温まったら盛り付け、肉の上にワサビを少量のせて完成。

(4)メモ・・・人参は水から下茹でします。沸騰したら椎茸を加え、ひが通ったら水を切っておきます。人参・椎茸はAの煮汁で煮てもいいですが、仕上がりの色が下茹でした方が綺麗に仕上がります。菜花・こごみのしたゆでは沸騰したお湯に塩を入れて色が変わったら直ぐに冷水にとり、色止めをします。