きりたんぽ鍋

本場大館で受け継がれる、秋田を代表する郷土料理。

きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋

ごはんを潰して棒に巻き、焼いて鍋に入れた郷土料理。秋田県北東部が発祥で、大館では各家庭で代々受け継がれるおふくろの味です。現在定番の味付けや具材は、明治中期に大館市内の料亭などでおもてなし料理として出されたことで確立。大館が「きりたんぽ鍋」の本場と言われるゆえんになっています。